プロペシアのジエネリック、フィンコム

育毛・発毛剤 (プロペシア・ミノキシジル等)について

プロペシアのジエネリック、フィンコム

男性の髪の悩みは、女性のそれよりずっと深刻だと聞きます。
AGA(男性型脱毛症)は成人男性によくみられるもので、思春期以降に額の生え際や頭頂部が、どちらか一方、あるいは、両方から薄くなっていくものです。
原因は、遺伝や男性ホルモンの影響といわれていますが、いろいろな原因があるそうです。
髪の悩みに対しては、身近なテレビコマーシャルの影響からか、とりあえず、すぐに育毛剤を使ってみる方が多いようなのですが、まずは自分の生活習慣を振り返って、「健康的な生活習慣」を身につけて毎日過ごしているのか?を考えてみましょう。
髪の元気の前にまずは、体の中からの健康が大切だということを心においておきましょう。

育毛剤・プロペシアは「DHT」という男性ホルモンに作用する薬です。
AGA以外の脱毛症には効果がないといわれています。
逆に害になるかもしれません。
早い人で6ヶ月ほどの期間を服用することで、何らかの効果があるようです。
服用2~3ヶ月ほどで抜け毛が減少して6ヶ月の期間を経て薄くなった部分に毛髪が出始める場合があるようです。

参考サイト: クリニックでのAGA治療
プロペシアは、効能が知れらているため人気が高いのですが、いかんせん、値段が高い薬となります。
そこで、購入しやすい、プロペシアジェネリックが求められることになるのですが、この育毛剤プロペシアのジェネリックの一つが、フィンコム(FINCOM)です。
育毛剤プロペシアのジェネリックは他にもありますが、フィンコム(FINCOM)は、安全性の面からも、使用する方が最近多くなっているようです。
その安全性とは、発がん性が疑われている、タール色素のキノリンイエローを含んでいない点です。
キノリンイエローは海外では禁止されてはいないのですが、日本ではうるさくなっているようです。

AGAの疑いを強く持った方は、病院にはいかずに、プロペシアなどを安く入手できる輸入代行の通信販売で薬を購入する場合が多いようです。
しかし、頭髪が薄くなってきた原因が、AGAでない場合は、薬は当然効果を示しません。
さらに無駄な服用を続けて、服用の量まで無視して飲んでしまいますと、体をこわすことにもなりかねません。
最近はストレス原因も多くあるようです。
ストレスが原因では薬は効きません。
くれぐれも原因のわからない状態では服用されないようお気をつけください。