フィンペシアとノキシジルの飲み方と副作用

育毛・発毛剤 (プロペシア・ミノキシジル等)について

フィンペシアとノキシジルの飲み方と副作用

男性ホルモンに作用して、AGA(男性型脱毛症)を遅らせる効力のある、プロペシアのジェネリック医薬品のひとつにフィンペシアがあります。
このフィンペシアと併用して発毛を促す効力のあるノキシジルを経口で続けていくこともAGA対策のひとつとなります。
ノキシジルは、育毛剤・ロテニンのジェネリック医薬品ですが、外用薬よりも高い発毛効果を発揮しています。

ロテニンは、主成分をミノキジルとして、もともとは高血圧症の人への薬として開発されました。
血管を拡張して血圧を下げるのです。
服用すると血管が一時的に拡張して、血行が促進されるため、毛根への酸素や栄養の供給率があがります。
そして、毛根の力が活性化して、発毛力がアップするのです。
高血圧症の人がロテニンを服用することで、多毛になる人が多く、その効能が、発毛にも使われるようになったのです。
外用薬で知られているのは、ロゲインやリアツプですが、それと比べて、直接有効成分を体内に送り込むことができるので強い即効性と発毛効果を生むことが可能になるのです。

フィンペシアの副作用としては、確実に立証されたわけではありませんが、発がん性物質ではないか?と疑われているキノリンイエローが含まれているものがあることです。
そのため、現在日本に輸入されているものは、キノリンイエローを含まないものに限られています。
ノキシジルの副作用としては、頭皮のかぶれやかゆみ、そして、発疹、頭痛、めまい、顔や全身のほてり。があげられます。
しかし、用法と用量を守ってさえいれば、大半の人には副作用は起こらないのではないかと思われます。
ただし、もともと高血圧症薬である点から、血圧降下剤ではあるので、高血圧症や低血圧症で病院にかかっている人は、服用前にかかりつけの医師に相談することが必要です。
医師によるフィンペシアやプロペシアのコラムなどで詳しく説明しているサイトもあるのでそういった情報を参考にしましょう。
フィンペシアの効果を得るには、やはり、1年近くの歳月が必要です。
つまり、待つことが必要です。
待っている間は、健康な日常生活を心がけて、ひたすらその日を待ちましょう。
もちろんたばこは厳禁です。
睡眠時間はしっかりとり、シャンプーにも気を配ってください。