アボルブ・アボダートのジェネリック

育毛・発毛剤 (プロペシア・ミノキシジル等)について

アボルブ・アボダートのジェネリック

デュタスはアボルブ・アボダートのジェネリック薬品です。
アボルブ・アボダートは元々は、前立腺肥大症の治療薬として使われていましたが、その有効成分デュタステリドにAGA(男性型脱毛症)の原因物質であるDHT(ジヒドテストステロン)を強力に抑制する効果があることがわかりました。
フィンペシアなどの成分であるフィナステリドよりも効果的に男性ホルモンを抑制できるようです。

そのシステムは、DHT(ジヒドテストステロン)を生み出すことを手伝っている5αの還元酵素はⅠ型とⅡ型の2つがあるのですが、フィナステリトは5αの還元酵素のⅡ型のみに作用して働きを抑制しているのですが、Ⅰ型については、抑制の効果がないことがわかっていました。
しかし、デュタステリドは、5αのⅠ型にもⅡ型にも作用して働きを抑制するのです。
したがって、アボルブ・アボダートのジェネリックであるデュタスがフィナステリドが成分の薬で効果がなく途方にくれていた人からみれば、改善の見通しを開くまさに待望の薬とも言えることになります。
実際韓国ではすでにAGA薬として承認もされているそうです。
すなわち、フィンペシアよりも効果的ということになりますが、その一方で、副作用が多くあり、服用には注意が必要です。

まず、フィンペシアは毛髪のみに効果が現れますが、こちらは、毛髪と体毛に効果があらわれます。
肝臓に強い負担を強いるので、肝臓に病気がある人は、医師に伝えてから服用したほうが安全です。
実際、医院などで服用の前には、血液検査をしてからになりますし、服用1ヶ月以内の献血は禁止されています。
服用中の薬との飲みあわせにも注意がいります。
男性なのに、乳房が大きくなったり乳首の腫れや痛みなども報告されています。
さらに、男性の機能に異状ををきたし、勃起力低下や性欲減退、肝機能異常なども想定されています。
9割がたの方には、異常はないということも言われていますが、特に効果を高めるための過剰摂取は、副作用の発症率を高めてしまうことになりかねず、用法を守った服用を、心がけていただきたいものです。