ノキシジルタブレット・ノキシジルの飲み方

育毛・発毛剤 (プロペシア・ミノキシジル等)について

ノキシジルタブレット・ノキシジルの飲み方

育毛剤である、ロテニンのジェネリック医薬品にノキシジルがあります。
ジェネリックであるので、ロテニンより安価に購入できるのが魅力です。
ロテニンの主成分のミノキシジルは、血管を拡張する作用によって発毛を促してくれますが、もともとは、高血圧症の人への医薬品として血圧を下げるために開発されたものでした。
服用すると血管が一時的に拡張して、血行が促進されます。
そして、毛根への酸素と栄養素がたくさん送り込まれることになり、毛根の力がアップします。

元々、育毛剤としては、頭皮に塗るタイプのロゲインやリアップが知られていましたが、塗るタイプよりも、効き目が強く出ることが立証されています。
ミノキシジルタブレットを服用することになるのですが、商品名としては、ノキシジルとして販売されています。
ノキシジルすなわち、ミノキシジルタブレットの飲み方として、有効的なのは、プロペシア系の薬品と併用して飲むことです。

プロペシアは男性ホルモンに作用して脱毛を抑え、一方のノキシジルは血管を拡張して、髪の毛の畑になる頭皮の細胞を活発化して育毛を促してくれるのです。
育毛、発毛は、ひとつだけの薬品では効果の期待は多くなく、いくつかの薬品を併用してこそ効果が出てくるようです。
プロペシア系のものとノキシジルすなわち、ミノキシジルタブレットとの併用については、特に、効果の体験も多くあり、試してみる価値はあるかもしれません。

ノキシジルの副作用として、頭皮のかぶれやかゆみ、頭痛、めまい、顔や全身のほてりがあげられ、また、精力減退など、男性的機能にも副作用があらわれる人もいるようです。
もっともやはり注意しなければならないのは、飲み方・用法・使用量を守っての服用を心がけることが大切となります。
これを無視して多量、多飲となりますと、正常に服用していれば出てこない、副作用の確立が高くなるのは当たり前です。
なかなか効果が出てこないとしても、服用量を守り、時間をかけて服用を続けていれば、効果が出てくる確率も高くなり、副作用で悩まなければならないということも回避されます。
まずは、ゆったりとして気持ちで効果の出る日を待ちましょう。