プロペシア(Propecia)の効果

育毛・発毛剤 (プロペシア・ミノキシジル等)について

プロペシア(Propecia)の効果

プロペシア(Propecia)は、AGA(男性型脱毛症)の医薬品で、世界で唯一、発毛にいたるメカニズムが医学的、科学的に証明されていまるものです。
アメリカでは、食品医薬局のFDAの認可も受けてもおり、世界60ヶ国以上で現在販売されています。
プロペシア(Propecia)は、もともとは前立腺肥大や前立腺ガンの治療薬として開発されましたが、その臨床の過程で髪が増えるなどの効果が出て、AGA対策にも使われることになったのです。

AGA(男性型脱毛症)の原因は、男性ホルモンの過剰分泌だとされ、遺伝による要素が強いようです。
男性ホルモンの、テストステロンが5αリダクターゼという変換酵素の働きによってジヒドロテストステロン(DHT)というホルモンに変換され、このDHTが脱毛を引き起こすのです。
プロペシアの成分である、フィナステリドは、この5αリタクターゼを抑制する効果をもつことが立証されています。

抜け毛が最近多くなったとか、髪が薄くなってきたような感じがする。とか、最近髪のコシがなくなってきていると感じ、しかも、家族の中の男性陣に思い当たる姿が浮かぶ場合は、即、お試しされるといいかもしれませんね。
何故なら、プロペシア(Propecia)の効果は原因が男性ホルモンだと思われる場合に限られ、しかも初期段階で顕著にみられるからです。
ということで、まずは、脱毛の原因から調べていくことが大切になります。
男性ホルモンが原因でない限りは、この薬は全く効かないこともわかっているからです。
最近はストレス性によるものや生活習慣による髪のトラブルもよくあるので、原因追求は、即効性の面からも大切です。
効果は、かなりの割合で期待できることもわかっていますが、服用して、途中でやめてしまうと、残念ながら、「もとのもくあみ」。
またまた、服用前に逆戻りしてしまいます。
何故なら脱毛の原因である、DHT濃度が濃くなってしまうことになるからです。

なお、服用中は、専門の医師の検診を定期的に受けるなどして、副作用にも気をつけるようにしてください。
さらに、薬を飲んでいるからといって、抜け毛が全くなくなるわけではないので、その点もおさえておいてください。